「映像作品」と言っても、テレビ・CM・YouTube動画など、その言葉の範囲は多岐に渡ります。しかし、これらの中でも最も代表的なものは、やはり映画ではないでしょうか。今日あるすべての動画作品の起源とも言える、長い歴史を持つ映画は、どのように作られているのでしょうか。

企画

まず、映画制作の第一歩は企画からです。映画制作のリーダーである映画監督と、包括的にまとめるプロデューサーによって、「どんな映画を作るか」という計画が立てられます。

脚本

次に映画のストーリーを作る脚本家によって、映画の設計図となる脚本作りが始まります。

準備

脚本が決まれば、キャスティングやスケジュールを決定します。また、衣装やセット、そして技術班も撮影に向けて準備します。

撮影

念入りな計画と準備を経て、いよいよ撮影がスタートします。