世界的に有名な映画産業の地といえば、アメリカのハリウッドを一番に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、そのハリウッドに多大な影響を与えたのは、日本の戦後に活躍した監督達だと知っていますか?筆者もアメリカで教育を受けた一人ですが、必ずと言って良いほどアメリカの映画史の授業では彼らの名前が出てきます。そこで今回は、世界的に有名な日本の映画監督をまとめてみます。

黒澤明

世界的に最も有名な映画監督です。代表作は「羅生門」や「七人の侍」など。ハリウッド映画に多大な影響を与え、「スターウォーズ」で有名なジョージ・ルーカスも彼の大ファンです。

小津安二郎

「小津調」と呼ばれる独特の映像世界が特徴で、代表作は「東京物語」

溝口健二

女性の描写を得意とした溝口。代表作は「雨月物語」